腱鞘炎とは?

『腱鞘炎』という言葉をよく耳にしますが、一体どのような病気なのでしょうか?

『腱鞘炎』とは、腱と腱鞘の間で炎症が起きた状態をいいます。

基本的に、手首の親指側、指の内側、肘の腱といった部位に発症しやすいです。

『腱鞘炎』になると、次のような症状が現われます。

・曲げにくい
・違和感
・痛み
・かゆみ
・腫れ
・しびれ

『腱鞘炎』を発症した場合には、その部位が曲げにくくなります。

また、違和感を覚えたり、「痛み」「かゆみ」「腫れ」「しびれ」といった症状が現われることが多いです。

症状が悪化してしまうと、何もしなくても激痛を感じるようになったり、痛みが酷くて物を掴むことができず、日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。

主な原因は、同じ動作を何度も繰り返すことや特定部位の「血行不良」です。

「ホルモンバランスの変化」によっても、発症する場合があります。

この中でも、「同じ動作を何度も繰り返す」ことによって、発症するケースが多いです。

例えば、パソコンの長時間の使用、ピアノやギターの練習のしすぎ、絵の描きすぎなどで起こります。看護師求人で病院以外はありますか?