乾燥するとなぜ痒くなる?

【肌】が「乾燥」すると、特に腕やわき腹、太もも、すねなどは、かさかさしてかゆくなってきますね。でも、【肌】が「乾燥」するとなぜかゆくなるのでしょうか。健康な【肌】は、角質層にある天然保湿因子や細胞間脂質が「水分」をしっかり保持しています。そして、皮脂と汗が混ざりあった皮脂膜が角質層の表面をカバーし、【肌】の「水分」が蒸発しないよう防ぐと同時に、さまざまな刺激から【肌】を守っているのです。しかし、【肌】が「乾燥」すると、このバリア機能が働かなくなります。【肌】が「乾燥」するということは、角質層の表面を覆っていた皮脂膜が壊れ、【肌】の「水分」が蒸発し、細胞間脂質が不足するようになることです。その結果、角質層にすき間ができ、少しの刺激でも、【肌】が直接刺激を受けるようになります。そのため、汗をかいたり、衣類が触ったりしただけで、かゆみを感じてしまうようになるのです。また、すき間ができた角質層では、角質層の奥にある、かゆみの刺激を脳に伝える神経が、角質層の表面近くまで伸びてきてしまいます。本来なら、【肌】の奥深くにあるはずの神経が表面まで伸びてくるのですから、外からの刺激を直接受けることになってしまいますね。さらに悪いことに、刺激を受けた神経は、ヒスタミンというかゆみを引き起こす物質を分泌し、かゆみを生じやすくするのです。そのため、【肌】がかゆいからかくと、神経を刺激して、よけいにかゆくなってしまうという悪循環に陥ることになります。

薬剤師求人 非公開